Sabrina SHOE SHINE Menu

サブリナシューシャインの職人

シューシャイナ―渋谷みほ 「また来よう」と思っていただけるように

靴が好き。もっと革のことを知りたい。

もともと靴が好きで入ったこの業界ですが、靴や革に関わるほど、もっと知りたいという思いが強くなりました。特に魅せられたのは革の蘇るチカラ。お手入れ次第で革の持つチカラをより引き出せるのです。丁寧に汚れを落としてから、油分を補い、土台をつくって色やつやを出す。

靴の種類や作り方、革の素材やその状態、それぞれの組み合わせによって最適なお手入れの方法も多種多様。同じ靴でも作られた年によって革の血筋や色の染まり方が違うなど、毎日が新しい発見と刺激でいっぱいです。

コンディションを整えること
シューシャイナー 渋谷 シューシャイナー 渋谷

靴を磨く前に、まずはじっくりと観察します。そして頭の中でシミュレーションをする。お客様のご要望を第一に、靴の状態やその日の天候も考慮しながら、「こうするとこうなる」とできるだけわかりやすくご説明をして、どのような方法で磨いていくかをきちんとお話しして決めていきます。ただキレイにするのではなく、コンディションを整えることが私達の仕事。スタッフ間でも経験や情報を共有して、最適なご提案ができるように心がけています。

靴磨き職人としての責任感

お客様の中に、かつて靴磨き職人だったというベテランの大先輩がいらっしゃいます。とても緊張しますが「自分は引退したけど、こうして後輩が育って靴磨きをしてくれる場所があるのはうれしい」という言葉に励まされています。もっと経験を積んで腕をあげていきたいと、日々勉強中です。

「また来よう」と思っていただけるように

磨き終わったあとに「ありがとう」「気持ちいいね」「一日頑張れる」というお言葉をいただけることが、いつもありがたいです。

当店では靴を履いたままケアをさせていただきますが、マッサージのようだと、眠ってしまう方もいらっしゃいます。靴のコンディションを整えるだけでなく、ひとときリラックスできる場所としてご活用いただけたらうれしいですね。

修理担当 尾石 拓也 ゆったりと相談できる場をつくりたい

一足の靴との出会い

私は足が小さいので、靴に苦労しました。じぶんの足にぴったりあう一足に出会ったのがこの業界に入るきかっけです。この靴を、長く履き続けたい、そんな靴に出会えて、靴づくりを目指しました。まずは靴の製造業に就職。製造工程は分業制で、革を切るのが私の担当でした。いつしか靴の全部に携わりたいと考えはじめ、修理の世界にたどり着きました。いまも修行として靴づくりは続けています。

履きなれた靴を大切にするということ
修理担当 尾石 拓也 修理担当 尾石 拓也

以前、修理した靴をお返しする際に私はお店に不在だったのですが、わざわざ再度ご来店いただき、直接「ありがとう」のことばをいただいたことが忘れられません。
「前回とてもきれいに修理してくれたから」「ここなら何とかしてくれる」「相談しやすいから」と言っていただけることも。
靴を大切に思うお客さまに、選んで頼っていただけることは本当にうれしいです。

ゆったりと相談できる場をつくりたい

他店でできないと言われて悲しい思いをされたというお話も時々お聞きします。私はお客さまの思いに寄り添いながら、できる限り、できる方法を探してご提案したいと思っています。

修理の技術に、終わりはない

修理にはいろいろなやり方や工夫することが多く、刺激ある楽しい毎日です。極めたとか、ここまでということはない。常に新しいやり方、よりよいやり方がないかを、研究しています。